離婚公正証書作成

生命保険・学資保険

公正証書文例/生命保険の継続

 

第●条 甲は、●●までの間、下記保険契約を継続する。

 

〔保険契約の表示〕
証券番号
保険の種類・名称
保険契約者・被保険者
死亡保険金受取人

 

子供が受取人になっている生命保険を、離婚後も継続してもらう場合の文例です。
●●には、継続する期間(例:養育費の支払い期間満了まで)が入ります。

 

生命保険については、離婚時に解約して、解約返戻金を分け合う方法もあります。

 

公正証書文例/学資保険の継続

 

第●条 甲と乙は、以下の保険契約について次のとおり合意する。

 

〔保険契約の表示〕
証券番号
保険の種類・名称
保険者
保険契約者

 

(1)甲は、離婚後も●●まで契約を継続する。
(2)乙は、保険料(月額金●万円)を甲に代わって保険者に支払う。

 

元・夫名義の学資保険を離婚後も継続してもらい、保険料は元・妻が払う場合の文例です。
●●には、継続する期間(例:子供が満18歳に達する日の属する月まで)が入ります。

 

学資保険については、保険契約者を変更(任意継承)したうえで、保険契約を継続する(それまでに払い込んでいた保険金は引き継げる)方法もあります。

離婚公正証書作成のお申込み・お問合せ

お申込み・お問合せはこちら


お申込み・お問合せ


サイト運営・花田好久行政書士事務所

日本行政書士連合会登録番号第06400291号

〒192-0074 東京都八王子市天神町2-10-303

電話 042-624-8381 メール info@rikon-online.net

⇒事務所案内

お申込み・お問合せ サービス・料金一覧 お客様の声